<犬の幼稚園>通った感想

はじめに

犬の幼稚園に通ったきっかけは、友人のすすめでした。

数年悩んで犬を飼ったのにすぐに挫折。育犬ノイローゼになってしまいました。助けてくれた友人達。そしてアドバイスの中に「犬のしつけ教室に連れて行ったの?」というものがありました。

ビジュはうちにきたとき、すでにトイレは覚えていました。だからしつけというものの必要性を感じていませんでした。でも、信頼している友人たちの言葉。。なんでもやってみようと思いました。

現在、ビジュと暮らし始めて2年。今思う「犬のしつけ」について私の考えを書いてみたいと思います。

犬と暮らす良い環境とは?

ここで改めて、犬を飼ってはいけないと言われている生活環境をまとめます。海外では犬を売ってくれないところもあるそうですが、日本はどんな人にも売ってくれます。動物後進国と言われるところです。私自身も飼うまで知りませんでした。

犬を飼ってはいけない3パターン

「一人暮らし」
「共働き夫婦」(妻もフルタイム)
「高齢者」

上記2つは留守が多いこと。高齢者の場合は、甘やかしたり、自分が病気になって面倒見切れないことが発生しやすいこと。

しつけの難しさとは、留守が多いことだと思います。犬は、その場で叱らないと何のことで怒られているかわかりません。例えば留守中にトイレシートにいたずらしていることを、自分が帰宅して叱っても無意味だということ。

飼ってはいけない状況の私。 その後「犬のしつけ」での苦労が始まりました。

犬のしつけとは何を目指す?

「現代社会に合わせたしつけ」が必要な時代だそう。犬の幼稚園は、犬ではなく飼い主が学ぶ場所でした。飼い主の環境に合わせた訓練が必要だと思います。私の場合は、犬の基本的な性格を学んで、マンション暮らし&留守が多いことに対応できるようにさせることが目標になりました。

犬の幼稚園を探すまで

私の場合は幼稚園を探すまでの方が、実際に通うより大変でした。先が見えない方が辛かったように思います。
犬の幼稚園と検索しても出て来るのは、遠く離れた場所ばかり。
とにかくトライアルレッスンに参加しようと思い、最初にホームページで探して行った、個人経営のA宅。

自宅の一部を改造された様子でした。50代の男性の先生に言われたこと。

「一人で犬を飼うなんて問題外です。こういう人がいるから、犬を捨てる人が多いんだ」

まだノイローゼだった私は、思いつめて、頭を下げて入会しようかと思ったけど、一晩考えて入会しませんでした。トライアルレッスン代6000円を支払っての帰り道、ビジュと「ダメだったねー」と疲れて帰ってきたのを覚えています。

その後、インターネットで検索して、B社を見つけました。今回も個人経営の様子。今度は最初に電話で問い合わせ。「一人暮らしで飼っていますが、大丈夫ですか?」

すると、「一人暮らしで犬を飼うことはオススメしていませんが、スタッフの女の子も一人で飼っていますので、一度トライアルレッスンにおいでください」とのこと。

行って見ると、やはり個人の自宅を改装した様子。トライアルレッスンでは、ビジュの動きチェックと、30問の質問がありました。
犬の性格というより人間側の厳しさが試されている様子でした。特に6ヶ月以上の犬の入会は相談とのこと。大きくなればなるほどしつけは難しくなるということなのです。

幼稚園の雑然とした空間に心踊る感じではありませんでした。ここで入会するか、東京まで通うかで悩みましたが、結局B幼稚園に入会することにしました。

犬の幼稚園の通学費

コース:初級8回、中級8回、上級8回 合計24回
24回コースが終わると、割引料金で1回ごとのレッスン受講可能。

入会金:20000円
6ヶ月以上追加料金:1歳4ヶ月だったので10000円

8回コース代(小型犬):66000円

初級・中級・上級をまとめて払うと15000円お得でしたが、私は8回コースごとに支払いました。(これが後で良い結果に)

全て現金のみの対応(カード払い不可)

<その他の費用>
車で通学していたので、預ける時とお迎え2回分の往復高速代(地方高速のため片道400円程度)幼稚園の駐車場は無料。

次ページでは犬の幼稚園って何をするのについて書いています。

AKOs Travel Life

40才過ぎてから本格的に海外旅行に出かけています。
国内旅行や、ホテル朝食についても綴っています。

AKOs Kaden Life

自宅海外キッチンをはじめ、大好きな海外家電の感想
最近ではペットとの暮らしに役立つ家電も購入しています