ペットシーツ 消臭力で選んだ私の BEST3

犬を飼って一番必要なもの。それはペットシーツ。オシッコの吸収率など色々なメーカーを試してみました。部屋におシッコの匂いがしないという視点でBEST3を選んでみました

はじめに

私がビジュを留守番をさせる時間は、長い時で15時間程度。朝7時から22時帰宅。忙しい時期は何時に帰って来られるかわからない為、オシッコの匂いが漏れないペットシーツを研究しました。

 

ペットシーツとは?

室内でペットを飼う場合のペット用トイレです。女性の生理用ナプキンと同じ原理です。ペットがシーツの上でおしっこをすると、シーツに吸収されるので室内の畳や床を汚さずに処理することができます。

 

サイズの選び方

サイズも様々なものが販売されています。主に3種類が販売されています。

レギュラー: 約35×45cm
ワイド: 約45×60cm
スーパーワイド: 約90×60cm

現在私は、 ワイドサイズ を使っています。

コスパ的にはレギュラーサイズを何枚か広げて敷いて、オシッコで汚した部分だけを交換するのが1番いいと考えていました。でもビジュは、2枚を少し重ねた部分にオシッコをすることがあって、2枚とも交換することが何度もありました。

その度に「なんでここにするのよー」とイラッとしていましたが、色々調べてみると、ダックスは、胴が長いので、ちょっとはみ出しちゃうことがあるみたい。どうも自分ではペットシートに乗っているつもりみたいですね。

「自分の胴の長さを把握しなさいよー」って半分本気で言ったこともあったけど(笑)

留守番も頑張っているのでオシッコくらいは自由にさせてあげたいと思うようになりました。

私のペットシーツを選ぶ基準

第1位 吸収力(匂いを閉じ込め)
第2位 シートの厚み。薄いと破けやすい
第3位 ペットシーツの価格

 

過去のトラブル事例

第1位 シートの四隅までオシッコが吸収しない為に、床にオシッコがこぼれた。

第2位 ペットシーツが薄くて留守中破れた。

第3位 安いからとネットで大容量を買ったら収納場所に困った。

 

私の行き着いた結論

値段は安い方がいいのですが、色々使ってみて、値段と品質は比例していると思います。

過去には、仕事の日に使う値段の高いトイレシーツと、休日で私が家にいる日の値段の安い薄いペットシーツを使い分けしていたこともあります。でも今度は収納場所がない。結局、長時間留守番の方に合わせてペットシーツを買うようになりました。

現在は、耐久性と消臭力を最重重要視しています。気がつかないうちに、自宅が臭うという事態を避けるためです。自宅に遊びに来た友人たちが口を揃えて「動物飼ってるなんてわからないわ。全然臭くな〜い!」って言ってくれるのは、ペットシーツの消臭力を常に気をつけているからだと思っています。

 

 

 

私の選んだペットシーツBEST3

アマゾンの価格を参考に1枚当りの値段も表示しました。スーパーではもっと安い場合もありますが、参考になればと思って表記してあります。 (小数点以下四捨五入)

 

第3位 デオシート プレミアム ユニチャーム社

レギュラーサイズ(1枚31円)
ワイドサイズ (1枚40円)

<メリット>
プレミアムという名の下、めちゃくちゃ消臭力が強いです。
<デメリット>
お値段が高いこと

第2位 ダブルストップ  クリーンワン社

ワイドサイズ (1枚25円)
レギュラーサイズ(1枚12円)

<メリット>
消臭力は満足できる。お気に入りの中では一番安い

<デメリット>
ダブルシート構造のため、破けた場合ジェルが飛び出し掃除が大変
(画像はお借りしています)

第1位 デオシート ユニチャーム社

 

ワイドサイズ (1枚28円)
レギュラーサイズ   (1枚13円)

<メリット>
消臭力と値段のバランスがいいこと。
隅っこまでしっかり吸収
シートが破けにくいこと

<デメリット>

パッケージがおしゃれじゃない

 

番外編

お徳用使い捨てペットシーツ 超薄型  山善

 

ワイドサイズ (1枚21円)
レギュラーサイズ(1枚11円)

休日に使っていたペットシーツです。薄いので吸収力はあまりないですが、すぐに交換できるなら十分満足できると思います。

私の意見
値段と吸収力は比例していると思います。自分の生活にあったペットシーツを選ぶことが大切だと思います。

 

AKOs Travel Life

40才過ぎてから本格的に海外旅行に出かけています。
国内旅行や、ホテル朝食についても綴っています。

AKOs Kaden Life

自宅海外キッチンをはじめ、大好きな海外家電の感想
最近ではペットとの暮らしに役立つ家電も購入しています